薄毛治療でフサフサライフ【風になびく髪を手に入れよう】

看護師

三種類のはげ方

育毛

薄毛は進行してしまうと取り返しの付かなくなります。そのため、早い段階から治療をしなくてはなりませんが、薄毛の種類によっては気づくことが遅れてしまう場合があります。薄毛の種類には大きく分けて3種類あり、日本人に一番多く見られるのがA型の薄毛となります。A型は文字通りAの形のようにはげてしまう薄毛で、前頭部からはげる特徴を持っています。前頭部だけがはげるため、側頭部や後頭部には髪の毛が残りますが見た目がとても悪いので、厄介な薄毛となっています。しかし、A型は分かりやすいはげ方により早い段階で薄毛に気づくことが出来ます。逆にO型は自分で気づくことが難しいはげ方で、頭頂部からはげが進行していきます。頭頂部から薄くなることからカッパのような頭になってしまい、普通に街を歩いているだけで周りから笑われてしまいます。帽子を被れば薄毛を隠すことが出来ますが、根本的な解決とはなっておらず帽子を被ることが出来ない職場などでは隠すことが不可能となります。このように、薄毛には種類がありますがM型のはげは他のタイプに比べると、世間に受け入れられている薄毛となります。日本人にはあまりM型のはげはいませんが、M型は欧米人に多いはげでカッコイイはげ方となっていて外国の俳優さんなどは、わざと治療しない人もいるほどです。

薄毛になる原因としては、不摂生が一番となりますが遺伝により薄毛になってしまうことがあります。例えば、自分の父親や祖父が薄毛の場合、その子供が薄毛になってしまいます。また、はげ方もそのまま遺伝してしまうので、O型のはげになってしまうと厄介ですが、薄毛治療のクリニックにいくことで治療をすることが可能です。薄毛治療のクリニックは、基本的に手術を行わないので痛みが生じることはありません。また、価格も手頃な金額となっているので、生活に負担を掛ける心配がありませんが、薄毛の進行度合いによっては金額が上がってしまうことがあります。なぜなら、薄毛は早期に治療をしなくては完治が難しいからです。早い段階なら薬だけで治療をすることが出来ますが、進行が進んでしまうと自毛植毛やかつらなどにしなくてはなりません。自毛植毛は自分の体の毛を移植する薄毛治療の方法となっていて、高い効果がありますが費用が高いです。また、かつらはすぐに薄毛を隠すことができ費用が安いです。ですが、人に知られてしまうことがあるので最適な方法とは言えません。このように、薄毛の進行が進むと治療法が狭まってしまうので定期的に頭皮チェックをするようにしましょう。頭皮チェックはとても簡単となっていて、お風呂の時に鏡の前に立つだけとなります。お風呂の時で無くてもチェックは出来ますが、髪が濡れている方が分かりやすいです。この方法で調べれば早い段階から薄毛治療を開始することが出来ます。しかし、この時に注意したいのがO型の場合です。頭頂部は自分で観ることが難しいので、手で触りながらの確認が何より重要となります。

Copyright ©2015 薄毛治療でフサフサライフ【風になびく髪を手に入れよう】 All Rights Reserved.